読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shigusa_t’s diary

当たり前の疑問を口に出せる人になりたい。

きもろぐさんの件

http://piza10hiza.hatenablog.com/entry/2015/12/07/203042

読者登録して毎記事欠かさず読んでいたお気に入りの2つのブログが頭上で一悶着起こしている。
どちらもこれまで通りのびのびと書き続けて欲しい人たちなのに、そうもいかない雲行きになってきて悶々としてる。

双方に擁護コメントのようなものを書いてる自分がコウモリに見えてきてもやもやするので、思考整理も兼ねて書き出しておきたい。

一連の流れを見てない人にはあまり意味のないエントリになってしまったかもしれない。でも掘り返したい流れでもないので詳しくは書かない。

現状の考え

舞さんサイドの主張に何ら落ち度はない

元記事はあくまで個人の意見だし、それに同意非同意こそあれ、糾弾される類のものでは全くない。
ただ、刺さる人が多くて荒れやすいトピックであったことは確かだと思う。

後の記事についてもそれほど非難されるべき所のない意見を述べているし、ロジックも通してるし、反論があるなら堂々とやってくれとごくごく真っ当な主張をしている。
一連の対応にも全く問題はないので、この件に関しては事故に遭ったと思って忘れてしまっていいと思う。だから言及も飛ばしていない。

きもろぐさんの該当記事は行き過ぎがあった

初手であんなストレートな侮辱をぶつけたら、よっぽどの聖人君子じゃなければそりゃあまともに取り合わないだろうと。仮に論旨自体が元記事への反論になっていたとしても、だ。
当人は冒頭数行読んだだけでも単なる罵倒だと判断するだろうし、運営も一目見て悪質と判断するだろう。正直中身もそんなに濃い指摘にはなっていなかったし、あれをもって「異議申し立て」とするのはちょっと無理がある。

削除要請が飛んでくるのも妥当だし、運営としては改善要求も出さざるを得ないだろうし、なにもおかしなことはない。
ボクシングがやりこんでる人同士ならお互い楽しめる競技だというのはわかるけど、通行人殴りつけたらそれは通報されますよ。

でもきもろぐさんのスタンス自体が否定されるべきだとは思わない

きもろぐさんの書いてること自体も個人の意見であって、あのように感じること、それをテキストとして書き出すことは許されるべきだと思う。
ただ、表現の自由名誉毀損なり公共の福祉という考え方で一部制約されているのが日本の法律だから、それには従わざるを得ないし、はてなブログはてなの軒先を間借りさせてもらうサービスなので、大家に迷惑だから出て行けと言われた場合も従わざるを得ない。
だから、そうならないラインを見極めてやっていくしかない。

きもろぐさんのテキスト自体がそういう道徳的観念とか社会の同調圧力とかクソ食らえというエネルギーから生み出されていることもまた事実だろうし、難しいところではある。
もし毒舌で許されるラインに抑えるためのコントロールが耐えがたく苦痛だというなら、2chのような同一性が生じないタイプの匿名領域に戻るしかないのかもしれない。

それとは別に、個人の表現のちょっとした瑕疵を見つけてネットリンチする風潮は嫌いだ

これは自分自身の考え方として。
リンチやバズを一度経験してダメになってしまうブロガーさんを結構見てきたけど、その点舞さんは反論を書きつつもエネルギーをセーブして平常運転に戻れる一定の冷静さを持っていて、見習いたいと思ったしそういうコメントを書いた。

 
一応両サイドを擁護している現状については自分の中で割り切れた。すっきりした。

個人的な意見

きもろぐさんはあの記事だけ削除していつも通りのブログ運営をすればいいんじゃないかと思う。
子供だましみたいな修正をかけてわざわざ相手にそれを伝えに行くんじゃなくて、「しゃーねーや消すか、はい次」の方が潔くて綺麗に見えるし、できればそうあってほしい。ブコメで書いてる人がいたけど、それできもろぐさんの価値が落ちるわけじゃない。
読み甲斐のあるブログが二つともそのまま残ってくれると嬉しいなと思っている。

あとははてなのさじ加減次第だけど、ブコメを見れる人が運営をやってるならこの件の雰囲気は伝わると思いたい。
次またよっぽど踏み外さない限りは、いきなりきもろぐさんのブログを削除したりはしないような気がする。

 

追記(2015/12/08 20:00)

残念ながら容赦なくブログごと削除されてしまった模様。合掌。
垢転生なりして今度は上手い落とし所を見つけて書き続けてくれるといいなと思う。